思い出話

ワタシ と 厚揚げカレー

カテゴリー 「思い出話」 を 新設

第一弾は 昨日 思い出して作った 「厚揚げカレー」です
(うーん 結構しょーもない 記事になったので スルーしてちょ)

コトの起こりは 1台の車に出会ったから・・・

たぶん 7年くらい前 だったと思う
社会人歴6年目にして 初めて 新車を買った
ひとめぼれ で 衝動買いしてしまった
この頃 「借金」に 抵抗があり
なんでか ものすごい 勢いで
後先考えず 貯金を使い果たして キャッシュで購入した

もちろん 貯金残高は 無残 な 状態になった

そこに 出張が重なった

事前に申請すれば 前払い旅費をもらえるが
無残とはいえ かろうじて 残っていた口座から お金を搾り出し
(簡単に言うと 申請するのが 面倒だった)
出張に出かけ 戻ってきたのは 金曜日
しかも 金曜日に ワタシの 労をねぎらってくれると
(間違いなく 飲む理由がほしかっただけだろうが)
上司が 飲み会を主催してくれるという
旅費の清算を 月曜日に延ばして
意気揚々と 飲みに行った

翌朝 土曜日 マンション前の自販機で 
財布に残った 小銭で お茶を購入した

お腹が空いたので 冷蔵庫を開けた

1週間の 出張がわかっていたので
食材は できるかぎり 残していなかった
にんじん と たまねぎ と しなびたピーマン
カレー粉 と 小麦粉があった(と思う)
ので カレーなら何とかなる
そして 土日を乗り越えられる
幸いに 米だけは たくさんあった

「よし 肉だ! 肉を買おう!」
財布を開けてみたが ジュースのお釣り 50円と
5円と1円が 数枚づつしか 残っていなかった
通帳を開けると 1000円 残っていたので
ATMに向かった!

キャッシュカードを入れ 暗証番号を押し
出金金額 1000円 と 入力
だが 「残高が 足りません」 と 表示
ん?

そうだ 失念していた 土日は 

自分のお金を下ろすのに 手数料を搾取される日

だった

この時の手数料は 105円だったかどうか 覚えてないが
それを 微妙に 下回っていた・・・

怒りを覚えた かなり 憤慨したと思う
だがしかし ATMに 当り散らしても 仕方がない
お腹が空いて 仕方がなかった
とにかく ご飯だ カレーが食べたい!

財布の中の所持金を確認して
スーパーの食料品売り場を うろうろする
所持金は100円 未満
これで カレーに合う 食材を 何とか探そうと努力した

食肉の対面販売では ひき肉が100g 単位で買えるが
よく 考えろ! 土日 最低4食必要だ とすると
1回のカレーの中の 肉の量は たった 25g・・・
しかも この頃は 表示価格に 消費税が含まれていない
レジで 消費税が加算されて 結局 購入できなかったら
超はずかしいじゃん!
とか 考えが ぐるぐる してしまった

そこで 目に留まったのが 豆腐!
これなら 1丁で 十分だと思った
でも 何気なく 周囲を見渡すと
油揚げと 厚揚げが 目に入った

うーん 豆腐だと かなり ヘルシーになってしまう
しかも 煮込めば煮込むほどに くずれてしまうのでは
考えに考えた末 厚揚げを チョイス
レジに向かう前に 携帯電話の 電卓機能を使って
しっかり 消費税加算後の 価格も計算する
よし いけるぞ!

意気揚々と 自宅に戻り 早速調理を開始する

厚揚げは 1センチ角くらいに 切って 熱湯をかけ
さっと 油をぬく
玉ねぎ・にんじん・ピーマンを 切る
鍋に 油を入れ チューブのにんにくを投入
すかさず 全ての材料をいれ 炒める
これに カレー粉・小麦粉・塩・コショーして さらに 炒める
そして しんなりしてきたら 水と「ほんだし」を投入
くつくつ くつくつ と 20分煮て 味を見る
とりあえず 醤油とソースとケチャップを足して
味を調えて 仕上げた

1皿目は 本当に 美味しかった

満腹になって ようやく 頭が回り始めた

ん・・・・・・ 彼氏(ダンナさん)に 連絡すればよかったのでは?

| | コメント (3) | トラックバック (0)